岡眼科クリニック|最先端の手術・検査設備

最先端の手術・検査設備


CENTURION® Vision System

白内障手術装置

CENTURION® Vision System

  • CENTURION® Vision Systemは、術中の状況を最適化するように設計された白内障手術装置です。
  • 手術中の眼内圧の変動を抑えることで、目に優しい手術が行えるようになりました。
  • 眼内圧が安定することで術者の操作性が向上し、術中合併症の危険性も低減しました。
  • 白内障で濁って固くなった水晶体を短時間で効率よく砕き、吸引できます。
  • さらに進化した極小切開での白内障手術を可能にしました。

Add-Onレンズ


CONSTELLATION® Vision System

コンステレーション®ビジョンシステム

  • 白内障・硝子体手術を同時に行える最新の手術装置です。
  • 安全で低侵襲の手術が可能で、手術時間も短く、患者さんの負担が格段に減りました。
  • 白内障・硝子体の同時手術はもちろん、眼内レーザー、ガス注入、シリコンオイル注入など、あらゆる機能が搭載されています。
  • 従来機種に比べて硝子体カットレートの倍速化や精密にコントロールされる灌流圧供給システムにより、より安全で確実な手術をおこなうことができるようになりました。

Add-Onレンズ


LuxOR™ Q-VUE™ LX3

眼科手術用顕微鏡

 

  • 眼科手術において良い結果を得るためには、手術顕微鏡の役割は非常に大きいものです。
  • 収束光学顕微鏡よりも6倍広い範囲で、優れた徹照の安全性と深い焦点深度を提供します。
  • 白内障手術に適した設計がされており、非常に鮮明に術野が見えます。レーザー白内障手術との相性も抜群です。
  • 通常の顕微鏡では困難ですが、本機は眼球の位置がずれても眼内の様子がよくわかります。

lx3


ORA™ SYSTEM

術中波面収差解析装置

安全性と効率性の高次元における融合

  • 白内障手術中にリアルタイムで屈折状態を計測します。
  • 術中リアルタイムに手術プランを検証し、最適なIOL度数とトーリックスタイル、乱視軸を提案します。
  • 計測したデータを、世界中の眼科医の白内障手術のビックデータと照合して、最適な眼内レンズを提案します。
  • トーリック眼内レンズの場合は、眼内レンズを眼内に挿入した後、術中リアルタイムで屈折を計測しながら、適切なレンズの向きを指示します。

ora

ORA™術中波面収差解析装置


NGENUITY® 3D VISUAL SYSTEM

3D ビジュアル システム

  • HDR(High Dynamic Range)ビデオカメラを搭載した世界初の眼科用リアルタイム映像システムで、硝子体手術において待望されていた可視化を3次元映像として実現。
  • 3DビデオHDRカメラで撮影した映像をハイスピードで最適化し、デジタル高解像度3D 4Kモニターと専用の偏光メガネによって、繊細な眼底組織をこれまでになく鮮明で奥行きのある表現が可能となりました。
  • デジタルフィルター機能により、観察したい組織、組織層を強調することが可能となっております。

NGENUITY

NGENUITY® 3D ビジュアル システム


The LenSx® Laser

フェムトセカンドレーザー

次世代レーザー白内障手術

  • 白内障手術で最も高度な手技が必要な手術の過程を、人の手に頼らず、全自動で非常に正確にレーザーで行う事のできる最先端の白内障手術機器です。
  • 従来、術者の「経験」や「感覚」に頼って行われていた白内障手術が、LenSx®レーザーに搭載されている完全に統合された3D Image-Guided systemにより、非常に精度が高く高速に行えるようになりました。
  • 岡眼科では日本で3施設目、九州で初めてフェムトレーザーを使った白内障手術に取り組み、多数の方の手術を行っています。

The LenSx® Laser

岡眼科の最先端治療

最先端レーザー白内障手術 多焦点眼内レンズ 日帰り硝子体手術 ICL「フェイキックIOL」手術 最新鋭レーシック 緑内障手術 円錐角膜手術 飛蚊症治療 追加眼内レンズ Add-On IOL 虹彩固定フェイキックIOL オルソケラトロジー 結膜レーザー手術 斜視手術 眼瞼下垂手術 抗VEGF療法 VDT検診

その他のお知らせ

医師の紹介