多焦点眼内レンズ|岡眼科クリニック

白内障手術「多焦点眼内レンズ」


白内障手術後も眼鏡に頼らない生活を

多焦点眼内レンズ

岡眼科では「白内障手術成功率100%」「手術後感染症発生率0%」を開業以来連続で達成しております。

現在も白内障手術で広く用いられている従来型の単焦点眼内レンズでは、レンズ特性上1点にしか焦点が合わず、多くの場合、近くを見る為には眼鏡が必要でした。

しかし現代では何歳になっても、趣味やスポーツや仕事などを行う事が十分可能な時代であり、お一人お一人の生活のスタイルを尊重し、快適な生活を送る上で、視力、特に裸眼視力の向上は重要度を増してきました。

この夢を実現させることが出来る眼科手術が「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術」です。


全国でもトップレベルの先進医療「多焦点眼内レンズ」手術実績

全国でもトップレベルの手術実績

そもそも従来型の単焦点眼内レンズは「手元が見えない=老眼が残る」という欠点を抱えていました。この問題を解決し、より良い見え方を実現するために開発されたものが、「多焦点眼内レンズ」です。その「多焦点眼内レンズ」手術の安全性有用性が厚生労働省に認められ、2008年7月に先進医療眼科手術として承認を受けました。

「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術」の登場により、「白内障手術のついでに老眼も治す」ことが可能になり、より良い見え方を求めて「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術」を選択される方が多くいらっしゃいます。

「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術」を選択されることで、白内障手術後の生活の質が向上し、より快適で充実したものとなることが期待できます。

この「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術」を保険で使用するには先進医療実施眼科医療機関に認定される必要があり、現在九州でも数カ所でしか行われていません。

岡眼科ではいち早く「先進医療認定施設」の認定を取得し既に数百例の「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術」の実績をもっています。

当院ではいち早く「先進医療認定眼科施設」として認定され、、既に全国でもトップレベルの『多焦点眼内レンズ水晶体再建手術』の実績をもっております。


手術後のより快適な視力を求めて

屈折視力矯正手術の先進眼科テクノロジーを提供

この先進医療手術(多焦点眼内レンズを使用した水晶体再建手術)に加え、手術後、フェムトセカンドレーザーとエキシマレーザーを用いたレーザー屈折矯正手術を行い、乱視などを完全に消すことで更に快適な見え方を提供できます。

当院では、通常の白内障手術では残ってしまう「乱視」や「近視」などに対しても、国内承認を唯一受けた安全な眼科用レーザーを使用した「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術後タッチアップレーザー治療」も行うことができるよう、最新機器の導入を行っております。

また近視遠視老眼に加え「乱視」も同時に治すことができるプレミアム多焦点眼内レンズ水晶体再建手術も多数例行っています。

当エリアで屈折視力矯正手術に関する一連の先進眼科テクノロジーを提供することが出来るのは、岡眼科だけです。


いち早く先進医療実施医療機関に認定

国民の安全性を確保し、患者負担増大を防止、国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するものです。先進医療として扱われる費用は保険対象外のため患者が全額を支払い、通常の保険診療と共通する部分は保険対象となりこれらを併用することができる制度となっています。

先進医療実施眼科医療機関に認定されるためには、手術実績や手術成績手術症例数、安全性など様々なハードルがありますが、岡眼科の手術実績が評価され、いち早く厚生労働省より先進医療「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建手術」を行う先進的眼科施設として承認されました。先進医療として認められた多焦点眼内レンズ水晶体再建手術は自費負担となりますが、手術前や手術後の眼科診察は保険適応となり、患者様の負担が減ります。

任意保険に入っている方は先進医療手術特約が使えます。岡眼科は国内全ての保険会社に先進医療手術実施眼科医療機関として登録されています。

▼詳細は厚生労働省のホームページ「先進医療」をご覧ください。

所属眼科学会

  • 日本眼科学会認定
  • 眼科専門医
  • 日本眼科医会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本小児眼科学会
  • 日本糖尿病眼科学会
  • 日本白内障学会
  • 日本白内障眼内レンズ学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本弱視斜視学会
  • 日本白内障屈折矯正手術学会

老眼・乱視も治るプレミアム多焦点レンズ

レンティスMプラス

レンティスMプラス

Oculentis社 レンティスMプラスは乱視も治る水晶体再建手術用の遠近両用眼内レンズです。 レンズに遠方用の部分と近方用の部分があり、遠くと近くを見ることができます。

レンティスMプラスはその方に合わせて作る完全カスタムレンズで、近視遠視だけでなく強い乱視にも対応した素晴らしい眼内レンズです。通常の多焦点眼内レンズに比べて50倍の精度で作ることができ、光のロスも約1/3になっています。

色彩も損なわれず、夜間のグレア(光のにじみ)が最小に抑えられることから、夜間運転される方や微妙な色を見る特殊な職業の方などにお勧めのレンズです。岡眼科でのレンティスMプラスを使用した水晶体再建手術数は全国でもトップレベルです。


白内障手術「多焦点眼内レンズ」の費用

多焦点眼内レンズ
片眼:400,000円 両眼:800,000円

手術費用:保険外診療(自費)

  • 費用は税別です。

術後検査料

  • 術後検診1ヶ月まで無料です。
フェムトレーザー多焦点眼内レンズ
片眼:600,000円 両眼:1,200,000円

手術費用【先進医療】

  • 費用は税別です。

術後検査料

  • フェムトレーザー多焦点眼内レンズ【先進医療】は手術前後の診察・薬代などは全て保険扱いとなります。
フェムトレーザープレミアム多焦点眼内レンズ
(レンティスMプラス等)
片眼:700,000円 両眼:1,400,000円

手術費用:保険外診療(自費)

  • 費用は税別です。

術後検査料

  • 術後検診1ヶ月まで無料です。

岡眼科の最先端治療

最先端レーザー白内障手術 多焦点眼内レンズ 日帰り硝子体手術 「眼内コンタクトレンズ」 ICL 「フェイキックIOL」虹彩固定 「Add-On」追加眼内レンズ 緑内障手術 円錐角膜手術 飛蚊症治療 最新鋭レーシック オルソケラトロジー 加齢性黄斑変性症 斜視手術 眼瞼下垂手術 白目のシミをとる手術 VDT検診

その他のお知らせ

医師の紹介