最先端眼科手術なら岡眼科クリニック(福岡市中央区天神・福岡県飯塚市)

okaganka.3.0

緑内障

01. 緑内障

緑内障は、現在我が国における失明原因の第1位をです。日本緑内障学会で行った大規模調査によると、40歳以上の緑内障有病率は、5.0%であることが分かりました。つまり40歳以上の20人に1人は明らかな緑内障と言うことになります。しかもこの調査では、発見された緑内障患者のうち、すでに緑内障と診断されていたのは、1割に過ぎませんでした。つまり緑内障があるのにもかかわらず、これに気づかずに過ごしている人が大勢いることも判明しました。また緑内障は年齢とともに増加していくことが知られており、高齢化に伴い今後ますます患者さんの数は増えていくことが予想されます。緑内障は、眼圧や視神経の脆弱性などの要素が絡み合い、最終的に視野狭窄をおこし失明に至る病気です。

ryokunai01.jpg
 

02. 最新の診断技術を導入

最近の緑内障の診断と治療の進歩は目覚しく、以前のような「緑内障=失明」という概念は古くなりつつあります。現代医学を駆使しても失明から救えないきわめて難治性の緑内障が存在することも事実ですが、一般に早期発見・早期治療によって失明という危険性を少しでも減らすことができる病気の一つであることは間違いありません。従来の緑内障診断は、眼圧及び視野によるものでした。しかしこの検査だけではごく初期の緑内障やわずかな進行を捕らえることが困難でした。

そこで岡眼科では従来の検査に追加して、OCT(3次元眼底画像解析)を応用した視神経乳頭神経線維層の解析や網膜神経線維層の解析を行い、発症前の超早期の緑内障まで診断可能になりました。

古い方法での緑内障診断では、相当悪化するまで気がつかないことが心配されます。緑内障の家族歴のある方や、すでに緑内障の可能性を指摘されている方も早めの検診をうけるようにしましょう。


ryokunai02.jpg

03. 最先端の緑内障治療

緑内障の治療は、眼圧を下げること以外にありません。一度障害されてしまった視神経の回復は非常に困難です。しかし早期に緑内障を発見し、まだ視神経の障害が軽いうちに治療を開始できれば、ほとんど自覚症状が無い状態を維持する事もできます。もちろん失明に至る危険性は大幅に減少します。治療方法としては「薬物療法」「レーザー治療」手術があります。最新の画像診断の結果をもとに、緑内障のタイプやそれぞれの人に適した治療方針をご提案いたします。

1 薬物療法


多くの緑内障では、薬物療法が治療の基本となります。現在ではさまざまな点眼薬が使用でき、緑内障のタイプ、重症度、眼圧、全身状態などを考慮しながら使用する薬剤を決定します。効果が不十分な場合は複数の目薬を組み合わせて処方する事もあります。点眼薬以外に内服薬を短期間使用することもあります。

2 レーザー治療


レーザー治療には主に二つの方法があります。一つは虹彩に孔を開けて眼内の房水の流れを変えるというもので、多くの閉塞隅角緑内障がこの方法によって治療可能です。もう一つは、レーザートラベクトプラスティー(LTP)と言われる方法で、線維柱帯にレーザーを照射することで房水の排出を促進し眼圧を下げる事ができます。レーザー治療は簡単に行え、ほとんど痛みもありません。

3 最先端緑内障手術「トラベクトーム」


緑内障手術は薬物療法やレーザー治療では十分な効果が得られない場合に行います。岡眼科で行っている主な緑内障手術は最先端の緑内障手術「トラベクトーム」。わずか1.7mmの切開創からできる安全性の極めて高い手術です。侵襲が極めて小さく白内障手術と同時に置こう事が出来ます。この新しい方法の緑内障手術「トラベクトーム」は、厳しい認定試験をクリアした医師のみが行えるもので、極めて小さな切開創から手術を行え、出血なども非常に少ない素晴らしい手術です。その他緑内障の進行具合に応じて、より強い眼圧下降効果が期待できる線維柱帯切除術や、線維柱帯切開術も行っています。

※トラベクトーム認定医 岡院長

Trabeculotomy.jpg

医療法人 岡眼科クリニック

〒820-0067 福岡県飯塚市川津364-2 岡眼科ビル1F 西鉄バス「飯塚農協バス停」下車30m 駐車場45台

TEL 0948-22-5155 http://www.okaganka.com

▼岡眼科の所属眼科学会

日本眼科学会認定 眼科専門医 日本眼科医会 日本眼科手術学会 日本小児眼科学会 日本糖尿病眼科学会 日本白内障学会

日本白内障眼内レンズ学会 日本網膜硝子体学会 日本弱視斜視学会 日本白内障屈 折矯正手術学会 等